史上最高のカジノレストラントップ10

ギ・サボワ(ラスベガス)

シーザーズ パレス ホテル アンド カジノに併設されたレストラン。母国で伝説的な料理人だったオーナーの名前が付けられています。エッフェル塔を彷彿とさせるデザインで、ミシュランの2つ星を獲得しています。フランス料理がお好きな方にうってつけのレストランで、レストランのオーナー兼トップシェフの名物料理であるアーティチョークと黒トリュフのスープが一番のおすすめです。

BESH STEAK(ニューオーリンズ)

受賞歴のあるシェフ、ジェームス・ビアード・ジョン・ベッシュが手がけるこのステーキハウスには、ジョージ・ロドリゲスの青い犬の写真が飾られています。当レストラン名物の38オンスの「カウボーイステーキ」がメニューの中で最も有名です。

ロブション オ ドーム(マカオ)

マカオは、世界で最も高い超高層ビルと最も美しいカジノがあることで知られていますが、その最上部にある全面ガラス張りのレストランで、ミシュランの3つ星を獲得しています。メニューはヨーロッパとフランス料理がベースで、フォアグラを詰めたウズラのキャラメリゼと黒トリュフのマッシュポテトが最も有名な定番メニューです。

ロックプール バー&グリル(メルボルン)

南半球最大のカジノに併設されています。最も有名な料理は、自家製のドライエイジングビーフですが、美味しいシーフードや素晴らしいデザートも見逃せません。

LE TREN BLEU(モナコ)

世界で最もエレガントなレストランの1つです。このレストランでは、水牛のモッツァレラとトマトを使ったナスのリゾット、子牛のサルティンボッカ、フィレト・ディ・マンゾ・アル・ペーペ・エ・フランバト・アル・ウィスキーなどのイタリア料理を提供しています。このレストランでは、甘いものが欲しければ、グランマルニエ入りメレンゲ、ル・トレン・ブルーなどのクラシックなデザートが用意されています。

PIKAYO(サンフアン)

現役シェフとして活躍するウィロ・ベネは、長年にわたり新たなプエルトリコ料理を生み出してきました。そのため、このレストランでは、地元のカニを使ったシチューのサルモレホや、ガーリックアイオリを使った肉のフリッターのアルカプリアスなど、ユニークな味を楽しむことができます。

ピカソ(ラスベガス)

ラスベガスで最も有名なカジノリゾート、ベラージオにあるレストランです。また、ピカソのファンであれば、このレストランの壁に描かれたピカソの絵を鑑賞しながらディナーを楽しむことができます。このレストランでは、スペイン料理の要素を取り入れたフランス料理を提供しています。有名な料理としては、フォアグラのトーションコーン、カリンジャム添え、ホタテのポテトムースリーヌ添えなどがあります。

CAFE MARTINIQUE(バハマ)

フランスの味を地元の南国の恵みと融合させたレストランです。ガーリックバターを添えた定番のエスカルゴとともに、アボカドとシトラスチリマヨネーズを添えたホラガイの身などの料理が味わえます。

WAKU GHIN(シンガポール)

このレストランは、バー、3つの個室、そして25席限定のメインダイニングルームがあり、それぞれに異なるシェフが壮大なユーロジャパニーズ料理を演出する点が他店と差をつけています。最も有名な料理は、「ボタンエビのマリネ ウニとキャビア添え」、「タスマニア産グラスフェッドビーフのフィレ ワサビマスタード添え」、「和牛のワサビとシトラスソイ添え」です。

BOBBY FLAY STEAK(アトランティックシティ)

ここはよくあるステーキハウスではありません。スパイスを効かせた南西部のリブアイや、様々な貝類のプレートが並ぶ「ロブスターバー」などの料理を提供しています。